名古屋正教会

Nagoya Orthodox Church

24、小さなハリストスになりましょう。

 聖体礼儀は、イイススの十字架に対する私達の尊敬と愛を示すことによって終わります。私達が祈祷の終わりに司祭の処に歩み寄るとき、私達は自分のまわりの神の家族の全て、神の愛を賛美するために集まった正教会の信者達を見ます。聖堂を出る時、私達は小さな神の生命を自分の中に保つ特別の人になります。ですから私達は特別の生き方をしなければならないのです。私達はイイスス・ハリストスが生きられたように生きることを心がけなければなりません。
 それではイイススが生きられたように生きるとはどういうことでしょうか。イイススがどのように生きられたかについて私達は、聖体礼儀で読まれる教えを聴くことによって学ぶことが出来ます。私達は先に、私達も使徒達のように人々にイイススのお話をすべきであることを学びました。しかし、私達は人々にお話をすることによってだけではなく立派な人として生活することによって、人々に語りかけなければなりません。
 イイススは誰をも愛し、全ての人々に善いことをされたと同様に、私達も全ての人々に善い行いをし、困っている人々を助けるように心がけなければなりません。サマリア人と同じように、私達は単に自分の知っている人、或は同じ人種、同じ信仰を持つ人、又は同じ教会に行く人だけを愛せば良いというのではありません。そうではなく、イイススがなされたように全ての人々を愛する心を持ったとき、私達は本当にご聖体を受け、神の国をつぐにふさわしい人になるのです。


神は霊ですから、礼拝をする者も、霊とまことをもって礼拝すべきである。
(イオアン4章24節)