名古屋正教会

Nagoya Orthodox Church

聖致命女 ウェラ、ナデジダ、リュボウの三姉妹と母ソフィヤ

 ローマ皇帝アドリアンの頃、首都ローマに正教を信じるソフィヤという婦人がいました。彼女には三人の娘がおりました。 母ソフィヤは三人の娘に、ハリストスの信望愛の教えに従って、ウェラ(信)、ナデジダ(望)、リュボウ(愛)と名づけました。
 ソフィヤは、ハリストスの戒めを堅く守り、三人の娘を敬虔に育てました。彼女たちは娘たちに祈祷を教え、聖書を読ませ、家事を手伝わせました。ところが主なる神は、この母娘に大きな試練を与えました。

 ローマの長官の一人は、ソフィヤがハリスティアニンであることを聞きアドリアン帝に訴えました。皇帝は、ただちに使者を遣わしてこの母娘を呼び出しました。
 ソフィヤは、身の危険を感じて娘たちと共に神に祈りました。 「全能の神よ、どうかあなたの聖旨をわたしたちの心に宿してください。わたしたちをお見棄てになることなく、わたしたちを顧み、あなたの全能の力をもってわたしたちの精神を固め、どんな苦難をも恐れずに生命を失うまであなたの聖旨を守らせてください。主は、真のハリスティアニンの心からの祈祷を受け入れ、哀れむべき女と弱い娘たちに助けを与えて下さいます。なぜなら彼らが苦難を恐れて祈るのではなく、どんな苦難にも耐える力を与えて下さるよう祈っているからです」

 祈祷が終わった後、ソフィヤは、娘たちと共に王宮におもむき、十字架を描いて皇帝の前に立ちました。
 アドリアン帝は、たくさんの家臣に囲まれて王座に腰かけ、自らソフィヤに質問しました。「お前は、何の神を信じているのか」
 ソフィヤは、「すべてを支配される尊い神イイスス・ハリストスを信じています。わたしは主の婢(はしため)です。わたしは主イイスス・ハリストスを信じることを光栄に思っています」と言いました。
 皇帝は、これを聞いて一人の婦人を呼び出してソフィヤ母娘を預け、三日後に再び連れて来るよう命じました。 ソフィヤは三日間、神に祈りを捧げ、三人の娘にこれから先の苦難に耐えるよう語りきかせました。

 「愛する娘たち、わたしたちが神のためにつくす時が来ました。あなたたちは、まだ幼いけれど、限りない生命のために自分の生命を惜しんではなりません。ハリストスの光栄を顕すためには、どんなはずかしめも苦痛も受けて、全身を犠牲にしなくてはなりません。主イイススは、わたしたちを朽ちることのない者とし、天の輝きで飾って下さいます。この世の王が、あなたがたを誘惑し多くの富や財産を与えようと言っても、それを信じてはなりません。この世の富はすべて煙のように消失してしまうものばかりです。残酷な迫害者たちを恐れてはなりません。神は、主の名によって苦難を受ける者を見捨てず、その心を固め助けて下さいます。娘たちよ、わたしがどんなに苦しい生活の中であなたがたを生み育てたのか、忘れないで下さい。わたしはあなたがたにお願いします。どうかハリストスの教えを堅く信じてこの老いた母を慰めて下さい。母にとって、あなたがたが迫害者の前に堂々と立つことこそ、最大の喜びなのです」

 三日後、ソフィヤと三人の娘は王宮へ行き皇帝の前に立ちました。アドリアン帝は、娘たちがまだ幼いのを見て甘い言葉で改心を勧めました。
 「娘たちよ。わたしはお前の父親として言う。わたしの言葉に従い、すぐに全能の神々に祈りを捧げなさい。もしすぐに従えば、おまえたちを皇女にしよう。そして諸大臣、議官らの前でこのことを宣言しよう。だがもしこれにさからえば、すべての財産を失い、尊い命まで失うことになるだろう。おまえたちの母がどれだけ悲しむことだろうか。わたしに従いなさい。わたしは悪いことを勧めはしない。わたしの娘として一緒に仲良く暮らそうではないか」

 これに対して三人の娘たちは、異口同音に答えました。
 「わたしたちの父は、天におられる神だけです。わたしたちの身も心もすべて神のものです。わたしたちは、ほかの神々を嫌っています。わたしたちは、喜んで真実の神のために死ぬつもりです」

 アドリアン帝は、少女らが毅然と答える様子に驚いて、ソフィヤに名前と年齢を尋ねました。ソフィヤは、「長女はウェラ、次女はナデジダ、末娘はリュボウといいます。ウェラは十二歳、ナデジダは十歳、リュボウは九歳です」と答えました。

 皇帝はますます驚きましたが、娘たちが自分の勧めを断ったのに激怒し、まず最初に長女ウェラを鞭打ち、さらに鉄板の上にのせて彼女を焼きました。ところが神の力によって彼女は少しも傷つかず、やけど一つしませんでした。
 そこで今度はウェラを、沸きたつ油の中に投げ込みました。しかしウェラが平然と神を賛美し続けていたので、ついに皇帝は彼女を斬首刑に処することに決めました。
 ウェラは母ソフィヤに、「お母さま、どうかわたしのために祈ってください。わたしはこれから、いつも求め続けてきた神の国へと行き、神の聖なる御顔を拝することができるのです」と言いました。
 また二人の妹に対しても、「愛する妹たちよ。主の十字架のもとで神に奉事することを忘れないでください。けっして神にそむかないでください」と言いました。
 そのあとウェラは、母と妹に接吻して刑場へ行き、斬首刑に処せられました。

 しばらくしてアドリアン帝は、次女ナデジダに向かって神々に祈りを捧げるように命令しました。
 しかしナデジダは、「皇帝陛下、わたしは先ほど斬首刑に処せられたウェラの妹です。わたしも唯一の神を信じ、敬っております。わたしたち姉妹は、一人の母より生まれ、同じ教えを信じて洗礼を受けました。わたしは姉と同じ心で生きています。自分の生命を失うことを恐れてはいません」と答えました。
 アドリアン帝は激怒し、ナデジダを鞭打ち、熱い油を入れた大釜の中に投げ入れましたが、逆に釜の方が砕けてそばにいた人々がけがをしました。皇帝は、ナデジダに斬首刑を宣告しました。
 ナデジダは、母ソフィヤに「お母さま、平安な日々をお過ごしください。そしてわたしを記憶してください」と言いました。また妹リュボウには「わたしたちは一緒に至聖三者の前に行きましょう。あなたはわたしのあとから来てください」と言いました。

 ナデジダは、母と妹に接吻し、母の祝福を受けたあと姉の遺体を抱きしめ、そのまま永眠しました。
 皇帝は、最後に残ったリュボウにやさしく語りかけ、神々を崇拝しなければ火の中に投げ入れるとおどしました。リュボウは、さまざまなおどしに耐え、最後には自ら火の中に飛び込みました。すると火はリュボウを焼かずに周囲に燃え広がり、皇帝の家臣を焼き殺しました。これを見た皇帝は、リュボウに対しても斬首刑を宣告しました。
 これを聞いたリュボウは、「わが主イイスス・ハリストスよ。わたしはあなたの名を讃めあげます。なぜなら神は、わたしにも姉たちのように苦難と死とを下さったからです」と祈りました。
 リュボウは、このあと刑吏によって斬首刑に処せられ永眠しました。

 アドリアン帝は、三人の娘の死後、残った母ソフィヤを処刑しませんでした。というのは、ソフィヤがどんな拷問にあっても信仰を棄てることはないだろうと考えたからです。
 皇帝は、ソフィヤに三姉妹の遺体を与え、葬ることを許しました。
 ソフィヤは、三姉妹を町の郊外へ運び、葬りました。そして彼女は、墓のそばを離れず、三日間祈り続けました。三日後、人々は彼女が永眠していることを知り、三姉妹の墓の横にソフィヤを葬りました。