名古屋正教会

Nagoya Orthodox Church

A- A A+

教会法

§質問§

 教会法という言葉をよく聞きますが、どんなものですか?

<答え>

古代教会の規則が今も生かされる正教会
 
 教会も組織である限り、その目的を達成し秩序を保つため必要な最低限の決まりが必要です。使徒の時代から七回の全地公会の時代(八世紀頃まで)に定められ、重んじられてきた規則が「聖規則書」にまとめられ、正教会の教会法(カノン・基本的な規定)となっています。日本でも明治31年に翻訳出版され今日でも用いられています。全部で500ページ程度の小さな本です。複雑な現代社会での信仰生活に、これだけの規則で、しかも古代の教会で用いられていたものをそのまま使って、対応できるのかといぶかる方がいるかもしれません。

信仰生活のガードレール

 しかしこれで一向に差し支えありません。それは、正教会の教会に対する考え方は、規則によって、教会生活の細々としたあらゆる側面を律して行こうとするものではないからです。教会法はいわばガードレールのようなもので、教会を導くものはあくまで主・ハリストスのみ言葉と聖神(せいしん・聖霊)の働きです。その時々の具体的な課題には、主教の指導と、聖神に導かれた会議によって対応してゆくのが基本です。ただ人間の弱さや勝手な考えで個々の教会や聖職者・信徒が間違った道に進んでしまわないよう、ガードレールとして規則を設けているのです。

教会の鏡

 このような大切な役割を担うと共に、教会法には初代教会の体験が色濃く反映され、教会とは本来どのようなものであったのか、あらねばならないのかを知る貴重な資料も提供してくれます。たとえば、領聖について次のような規定があります。
 「聖職者・教衆・一般信徒で緊急の事故もしくは教会から禁止されている場合以外で、府内(属する教会の管轄区内)にいながら、三週間続けて日曜日に聖堂の集いに来ない者は教衆はその役をとかれ、一般信徒は親与をたたれなければならない(言うなれば破門されるということです・第6全地公会規則80条)」。
 「聖堂に入っても、人々と共に祈らずまた聖なる機密(ご聖体・血)を受けることを厭がる者は、懺悔して悔い改めたことを表し赦免されるまで、教会から親与を絶たれなければならない(使徒規則9条、アンティオキヤ公会規則2条)」。
 これらからも「畏れ多いのでご聖体はみだりに受けず年に2回大祭の時に受ければいい」というような一時世界の正教会に蔓延した考え方は、教会本来の信仰とは縁もゆかりも無いものだということ、そして教会の信仰が聖体礼儀(領聖)を中心にした信徒の愛の集いを軸にしていなければならないことが再確認できます。

罪の振り返りは?

§質問§

 痛悔機密の時なぜ口頭で罪を告白しなければならないのかは。前号のお答えで分か りましたが、具体的に罪を振り返るには、どうすればよいのでしょうか?

<答え>

 深く罪を自覚し、良心の痛みと悲しみに、一刻も早く神に告白(ざんげ)し赦しを得、もう一度立ち上がりたい、こういう気持ちになることは滅多にありません。だからといって私たちはふだん罪を犯してないわけではありません。聖使徒イオアンは言います。
 「もし、罪がないと言うなら、それは自分を欺くことであって、真理はわたしたちの内にない(イオアン第1公書)」。
 問題は、私たちが、罪の自覚さえまともにできないほど、罪に染まっていることです。キリスト教は「ありもしない罪を自覚させ」、そのでっち上げた罪悪感で人間を押しつぶすと批判する人々がいますが、人間は既にもう押しつぶされていませんか?戦争・争い・憎悪が、淫行と倒錯が、世界に溢れていませんか?それらと自分だけは無関係と感じる途方もない想像力の欠如、幼稚さ・鈍感さが、私たちを一層「真理」ハリストスから遠ざけるのです。

 まず、この罪への鈍感さを自覚し、それを免れるよう神の恵みを祈り求め、その恵みの中で自分自身を振り返りましょう。
 その場合、罪を次の三つに分けて考えるとよく整理できます。一つは神への罪です。お金や名誉や権力またこの世の幸福などを偶像として拝し、人を創造し生かす本当の神への愛や信頼や忠実を失っていないだろうか?二つは隣人への罪です。自分本位の勝手な振る舞いや思いで家族や隣人を傷つけ、弱者への配慮を怠り、「互いに愛し合いなさい」(イオアン13:34)というハリストス・神の戒めを破っていないだろうか?三つは、自分自身の心と体への罪です。暴飲暴食や淫らな行いや思いまた怠惰により、神からいただき神のご用に役立て神の光栄を表すべき、私たちの「いのち」を汚し浪費してはいないだろうか?

 そしてぜひ、痛悔機密に備え、マトフェイ(マタイ)伝の「山上の説教(5~7章)」をお読み下さい。主がご自身に従う者にこう生きなさいと励まされる「完全な者(5:48)」「神の民」のイメージを鮮明に語った箇所です。説教は「心の貧しい者は幸いだ」と始まります。謙虚(心の貧しさ)だっただろうか、振り返って下さい。また、「兄弟に対しばか者と言う者は地獄の火に投げ込まれる」とあります。あの時人をあざけらなかっただろうか、振り返って下さい…。「人を裁くな」…。

 やがて自分のみすぼらしい姿があらわになり、主が十字架と復活で達成された、神の赦しといやしの中に帰っていこうと、感謝と痛悔が焦点を結びます。その時、言い訳やためらいを捨てた、切実でありながら簡潔で具体的な告白ができるはずです。

神父の痛悔機密

§質問§

 一般信徒は領聖のために、毎回事前に「痛悔機密」を受けなければならないと教えられていますが、神父さんは受けなくてもいいのですか?

<答え>

受けなければなりません
 聖職者だからといって罪を犯さないわけはありません。むしろ、奉神礼の主宰、牧会、伝道といった重責のなかで、罪を犯す機会は一般信徒より多いのです。
 従って、司祭が聖体礼儀・領聖に先立ち痛悔機密を受けるのは当然です。輔祭は司祭に、司祭は主教ないしは同僚の司祭に…、主教も、主教に痛悔機密を与えるという聖務を託された『ズポーニク』という修道士に受けなければなりません。

「でも受けていないじゃないですか?」
 そうですね.残念なことですが、現実には司祭一人の教会では、毎回は受けられません。そのかわり、教区の会議や司祭の研修会などの機会に、先輩や同僚の神父様に痛悔機密で告解します。良心に負担が重く次の聖体礼儀をとても冷静に執行できないような罪を犯した時は、何を置いても直ちに、主教のもとないし近隣教会へ向かい痛悔機密を受けなければならないでしょう。

「でも毎回受けないのはルール違反では?」
 正しい信仰はルールを守ることそれ自体ではありません。「領聖に先立つ痛悔機密」は「前夜からの禁食」とともに、規則(ルール)です。そしてこれは「信徒は心と体を備えた上で、領聖という、神との交わりを深め教会の一致の証となる機密を守るべし」という信徒の「心得」からでています。準備と領聖は共に守るべき「心得」です。
 この「領聖に備えよ」という「心得」は、最後の晩餐で「取って食べよ、取って飲め、このパンとぶどう酒はわたしの体、わたしの血であり、罪の赦しの新しい約束である」と定められた主への信仰と実は一体です。自分の罪深さや、心身を病んだ惨めさへの「私の力では立ち直れません、主よ、憐れんで下さい」という「痛悔の霊(50聖詠)・砕けた悔いた心(同箇所口語訳)」という前提(準備)があってこその「罪の赦し」の約束だからです。この「痛悔」という準備を欠いてそこに喜びがあるでしょうか?

「痛悔」こそ領聖の準備の本質
 この痛悔を深めるのが領聖(喜び、天国)への準備の本質です。領聖に先立つ「痛悔機密」は、この「痛悔」に心を向ける良い機会として、現在世界の大方の正教会で規則とされています。
 その機会が毎回得られない聖職者は一層祈りや斎を通じて痛梅を深め、また機会ある毎に痛悔機密を受けねばなりません。信徒に告解を強いつつ、自分は罪の自覚を深める努力を何もしないで、いの一番に領聖できるはずがありません。

なぜ口頭で懺悔?

§質問§

 領聖のための心の準備に痛悔(悔い改め)が必要なことはわかりますが、痛悔機密 の時なぜ口頭で罪を告白しなければならないのか分かりません。全能の神は何も言わ なくても私の罪は見通され私の悔い改めの心もわかっておられるはずですよね。

<答え>

「告白」に失敗したアダムとエヴァ

 アダムとエヴァは、神様の言いつけを守らず「善悪を知る木」から実を採って食べてしまいました。二人は罪を意識し、神様の目から隠れようと楽園の木々の間に身を隠しました。神様は、二人がどんな罪を犯しどこに隠れているのかをお見通しだったにもかかわらず、二人に「あなたはどこにいるのか?」と問いかけました。なぜでしょう?答えは、彼らが自分たちの罪を正直に認め、赦しを願い出るのを期待されたからです。これは二人に赦しのチャンスを与えたと理解することもできます。しかし、二人は神様をさらに裏切り、言い訳と責任転嫁に終始しました。人は楽園を追われました。(創世記3:8~13)

父が子を赦すように

 神様は、父親が子供を愛するように、私たちを愛して下さっています(ルカ15:11~)。子供が何か悪さをして隠していても、親は、だいたい感づきます。何となくオドオドしている子に何も知らんふりをして、「どうかしたの?○○ちゃん」と聞きます。子供はふるえながらも勇気を振り絞って「お母さんの財布からお金を取ってお菓子を買っちゃった」と告白します。ここで馬鹿野郎!とぶん殴る親はあまりいません。たいていの親は「正直に言えて偉かったね。ゆるしてあげるから約束しよう、もうしちゃいけないよ」と泣きじやくる我が子を抱きしめます。親自身も我が子の良心の苦しみと健気な勇気に目頭が熱くなります。
 痛悔機密も全く同じです。恥ずかしさや、「こんな神父に、なんで…」という思いを克服し勇気を持って罪を告白した時、罪の苦しみや、わだかまりから解かれ、涙さえ流して赦して下さる父なる神に抱き取られる安堵感に、生きる力を回復いたします。
 ほんとうに悔い、ほんとうに苦しんだ末、痛悔告白した経験のある方ならこの安堵感はよく理解できるはずです。この体験が一層神への愛を深めます。(ルカ7:36~50)

告白の「機密」としての意味

 司祭への口頭の告白は、実は司祭への告白ではなく神への告白です。洗礼の水に沈みまた上がるという具体的な行為が、ハリストスによる、それまでの一切の罪からの浄まりと新しい生命への再生を現実のものにするように、司祭を「証人」とした口頭の告白と司祭による赦罪という具体的行為によって、神様という超越的なお方への告白と神様の赦しが、現実のものになります。(イオアン20:19~23)

聖体礼儀への遅刻

§質問§

 神父さんは聖体礼儀には遅刻してはいけませんと、よく会報やお話で訴えておられ ますが、全然参祷しないよりは遅れてでもお祈りに出たほうがいいのではないでしょ うか?

<答え>
 聖体機密での領聖はハリストスのお体と血という私たちが真の人生を生きて行くのに欠かせない「日毎の糧」をいただく神の国の宴(うたげ)です。聖体礼儀はそこへ向かって昇って行く乗り物と言ってもいいかもしれません。そこに乗り合わせる者は、最初に、招いて下さった神に罪を告白し、またお互いに和解し、この旅にふさわしい平安を確かめ合います。これが聖体礼儀の前に行われる痛梅機密の意味です。

 その準備が整ったらいよいよ出発です。最初の厳かな「父と子と聖神(聖霊)の国はあがめ讃(ほ)めらる、今もいつも世世に」という司祭の高声(唱え)は旅の目的地が「父と子と聖神(せいしん)の国」即ち神の国であると告げ、おもむろに乗り物は上昇を開始します。もうお分かりでしょう、聖体礼儀に遅れる事は、この乗り物に乗り遅れるという事です。ですから、「遅刻しないように」は杓子定規な規則ではなく、「そうしないと乗り遅れてしまいますよ、神の国の宴の完全な味わい・喜びが得られませんよ、その喜びをぜひ皆で一人ももれる事なく分かち合いましょう」という教会の愛の呼びかけを、司祭が代表して言っているのです。

 ただ、やむを得ない事情で遅れる場合ですが、遅れてでも主のもとに駆けつけたいという、「主への愛」の切実さを主は喜ばないはずはありません。普通、出発しかけたバスを「お-い」と必死で追い駆けてくる人を振り切って走ってはいきません。間にあって良かったと乗客一同ほっとします。もし、遅刻しないようにと言う訴えの意味が充分に伝わらず、遅刻したらもうその日は参祷できないと誤解されたなら、私(司祭)の未熟さ故の誤りです。心からお詫び申し上げます。
 何が「やむを得ない事情」かは信徒各人が神様に問いかけるべき事です。