名古屋正教会

Nagoya Orthodox Church

A- A A+

私祈祷

§質問§

 教会では私生活の祈りを決められた祈祷文で祈ることを勧めますが、自分の言葉で祈ってはいけないのですか?「求めよそうすれば与えられるであろう(ルカ11:9)と主もおっしゃっているようですが…。

<答え>

神様との「愛の関係」を忘れずに

 神様と私たちとの間柄は決して「水くさい」ものではなく、自分の願いや求めを祈るのは自然です。自分や愛する者が重病や大事故に適った時に、平癒や無事を神様に祈らないなら、かえって 神様は「こいつは本気て私を信じてるんだろうか?」とお感じになるでしょう。神様と私たちの関係は「愛」の関係であることさえ忘れなければ、何をどう願っても差し支えありません。

神様と「取引」する危険を避けるために

 ただ、神様と人の関係を取引の関係また法律的な権利、義務の関係と取り違え「この病気を治してくださったら、教会に献金や奉仕をしますからどうぞよろしく」また「こんな時のために忙しい中、毎週教会に通っているんだから助けてもらう権利があるでしょう」と祈ったら そこには「愛」はありません。それを念頭に、自分の祈りの言葉を振り返ってみて下さい。「ああ、ここでは神様と取り引きしようとしているな」とか「ここは神様に恩着せがましく権利を主張しているな」とすぐわかります。人は実に簡単に神様を自分の取引相手や使い走りにしてしまいます。自分の言葉で祈るとそういう逸脱の危険が大きいのです。その意味で、信仰の模範てある古代の聖師父たちから受け継いだ祈りに托して祈ることが勧められるのです。勿論、自分の言葉で祈ってはいけない訳ではありません。そもそも小祈祷書の祈りの大部分は聖師父たちの心から溢れ出たものです。

 *ただ「天主経(天にいます)」「聖三祝文(聖なる神)」「至聖三者祝文」「天の王」「常にさいわい」「至聖生神女讃歌(生神童貞女よ、喜べよ)」「十字架のトロパリ(主や爾の民を救い)」「復活のトロパリ(ハリトスス死より復活し)」「新たなるエルサレム」等は初代教会から「正しい祈り=<オルト・ドクサ>(オーソドックスの語源)」の伝統の中で厳密に守られてきた信仰表明の祈りでもありますから、しっかり覚えていつも祈りの中心に据えていなければなりません。

単純な祈りのよい点

 また 神様は「これらのものが、ことごとくあなた方に必要なことをご存じ=(マトフェイ6:32)」ですから、何か特別な祈願があり、小祈祷書などにピッタリの祈祷文が見つからないなら、むしろその願いや求めは胸に秘め、言葉では「主イイスス・ハリストス神の子や、我罪人を憐れみ給え(『イイススの祈り』)」や「主憐れめよ(『税吏の祈り』」という単純な祈りに徹して、それを繰り返すだけの方かよいと思います。神様へのこれほどの大きな信頼の表明は他にはありません。

*単純な祈りを絶えず祈る事については「『無名の巡礼者」あるロシヤ人巡礼者の手記:エンデルレ書店」をぜひお読み下さい。

成聖の祈祷

§質問§

 友人に、正教会では「家屋成聖祈願」や「新車成聖祈願」等があると話したら、 「それは古代の迷信的な行為の名残で純粋な信仰ではない。まるで神社のお払いや お清めと同じだね」と言われて参ってしまいました。

<答え>

人間神化

 ハリストスは人となった神です。完全な人であると同時に完全な神です。なぜ、神が人になったのか?古代の聖師父たちは、「神が人となったのは人が神になるため」と答えます。神・ハリストスが肉体をとり人となったことにより、病んだ人間性に苦しむ私たちにも、洗礼によって主の死と復活に与り、主のお体を領聖する事により、癒され、さらに「神の性質にあずかる者」(ペートル1:4)へと再生(「神化」)する道が開かれたのです。その再生をいわゆる「霊的な」再生ととらえてはなりません。肉体を含めた「人間の全体」が再生します。この再生・神化の道をこの世で極限まで上り詰めたいく人かの聖人たちは、その肉体に「主の変容(マトフェイ17章)の光」とおなじ光を帯びたと伝えられています。

「もの」にも変容の可能性が

 この再生は人間にのみ与えられたものではありません。神の恩寵に浸透されて、この世の「もの」も神の聖性を帯びたものへと変容すると正教は教えます。聖使徒パウェルは「被造物は実に切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいる…被造物自身にも、滅びのなわめから解放されて、神の子たちの栄光の自由に入る望みがのこされている(ロマ8:19~21)」と、人がハリストスの救いに与り「神の子」へと回復されることを通じて、被造物(世界)全体が滅びや腐敗を免れるものへと変容・「成聖」されると言っています。

成聖祈祷の意味

 したがって私たちが用いる家屋や自動車が、神の恩寵によって「成聖」されることを祈るのは当然です。また、その祈りは、神様に与えられた「もの」を、私たちが再び罪深い用い方で汚してしまわないようにと、私たち自身にも罪を免れさせて下さいという祈りでもあります。
 ハリストスによって、人と神、人と人の健全な交わりの可能性が回復したと同時に、人と「もの」の世界の親しみ・交わりへの可能性も回復しました。「もの」はもはや消耗品として次々と消費される素材や道具ではありません。神様との交わりの場・手段となります。教会では「聖器物」をこよなく大切にします。ある意味で、ハリストスによって、私たちの日常生活にあるすべてのものが「聖器物」となったと言えます。成聖の諸祈祷を通じて私たちはそれを体験し学ぶのです。
 古代人が迷信的だったのではありません。彼らは現代人より「もの」の世界との親しみを少しはよく知っていただけです。

行事・習慣・日常生活(結婚、他宗教から)

§質問§

 息子(既洗)が結婚相手を見つけてきましたが、相手のお嬢さんが正教会の信者ではありません。信者でないと正教会では結婚式を教会でやってもらえないと聞いています。また、あまり熱心ではありませんが我が家は何代も前から正教会の家系ですし、何とか、相手に洗礼をうけてもらい教会で結婚式をさせたいのですが、どうすれば
よいでしょう。

<答え>

クリスチャンの結婚は「機密」

 教会を通じ主イイスス・ハリストスに結ばれた生活の中で、ハリストスが私たちを愛するように、互いに尽くし合い、信仰と希望と愛の生活を実現してゆこうという、お互いの自由な決意がクリスチャンの結婚の前提です。その自由な決意を祝福し恩寵によってしっかりした土台を与えるのが教会の結婚式であり、洗礼を受けた正教徒だけがゆるされる「機密」のひとつです。一方が信者であればよいというものではありません。正教会は融通が利かぬとか、宣教的効果を考えて未信者にも結婚式を許可すべきというのは無知な暴論です。宣教はある意味では、信仰のいきづくクリスチャン家庭をこの世にたくさん送り出すために行うのであって、この宣教の、目に見える成果こそが、教会全体が自分たち自身の喜びとして祝う結婚式です。逆ではありません。

「我が家の宗教だから」を捨てて下さい

 この基本的な理解がなく、「嫁に来たなら当然」とか、「我が家の宗教だから」とか、まして「墓を守る者が絶えないように」だとか、そんな発想で、相手に洗礼を勧めるのは、教会の機密への不敬であり、同時に、相手の人格への侮辱です。「わかったわよ、受けりゃいいんでしょ!」の捨てぜりふで洗礼を受け結婚式を挙げ、後は、教会と、洗礼を強要した者たちへの恨みの中で、教会に一切足を向けない、従ってほんとうの信仰の喜びへの道を閉ざされた気の毒な「正教徒」を増やしてはなりません。そのような家庭が幾つできても、教会を嫌悪しあざ笑う子ども達を増やすだけです

「信仰」を見直す機会に

 クリスチャンとして相手に洗礼を勧めるのは当然ですが、それは、ハリストスヘの「生きた」信仰による男女の結びつきこそが、家庭生活の愛の奥義を完全に開花させる唯一の道だからです。今からでも遅くありません。あなたが、もし「あまり熱心な信者でない」なら、息子さんと共にこの機会に教会に参祷・領聖し司祭に教えを乞いクリスチャンであることの意味を見直しましょう。率直に「我が家の信仰」の「現状」を息子さんと語り合い、相手のお嬢さんにも打ち明けて、ともに教会で学びましょう。それでも相手が応じなかったら、無理強いせず、結婚披露のみ行うことを二人に勧めましょう(神式・仏式・暖味な「キリスト教式」の式はきっぱり断らせましょう。相手も正教会式を断りましたよね)。息子さんやあなたたちの「生きた」信仰が、いつの日かお嫁さんを動かせるよう、根気よく愛をもって接し、主に祈り続けるほかはありません。

行事・習慣・日常生活

§質問§

 仏教徒の家から正教の家庭へ洗礼を受け嫁いできた者です。永眠した実家の両親や、幼時から私を慈しんでくれた祖父母らのためにどう祈ればいいんですか。

<答え>

初代教会の信徒も悩んだはず
 キリスト教が国教だった時代と地域ではもちろんですが、今でも、国民の大半がクリスチャンである国々では、ほとんど起こらない悩みですね。しかし、使徒たちや初代教会が福音を異教的な社会へ宣べ伝えていた時代には、実に切実な問題だったはずです。現代日本のクリスチャンは、この初代教会と酷似した環境に生きており、常に福音的な考え方と態度で、物事に対処して行かねば「この世」の強い力に押し流されてしまいます。「なんとなくクリスチャン」では、まさに「なんとなく」クリスチャンではなくなってしまいます。逆に言うと、「キリスト教があたりまえ」の国々では味わえない、純粋な信仰体験を恵まれるチャンスもあるという事です。

祈るのは当然
 自分はクリスチャンだから仏教徒(異教徒)の家族や先祖のためには祈らない・祈れない、彼らのための祈りは「実家とお寺」(異教の礼拝)に任せておけばいいというのは、自然な感情からもキリスト教的にも間違いです。神さまはすべての人間を愛しておられ、神の子・ハリストスはすべての人間の救いのためにこの世に遣わされました。クリスチャンとは、その神の愛に応え「神と共に働く者(神の同労者)」(コリンフ後書6:1)となった者ですから、生者、死者を問わず、すべての人々の為に心をくだき祈る(記憶する)責任があります。まして肉親のために祈るのは当然です。正教会では「神を知らざる死者のための祈り」(教団発行「記憶録」57ページ所載)を定めています。これをぜひ毎日の祈りに加え、また教会に参祷・領聖し、聖パン記憶・パニヒダなどで記憶しましょう。

奉事や葬式の時
 ご実家で、葬儀や奉事がある場合は、列席は差し支えありませんが、仏教的(異教的)な礼拝行為は避けましょう。位牌や遺影に対する焼香は避け、心の中で、ハリストスのイメージを浮かべ、一礼して座に戻ればいいでしょう。これ見よがしにクリスチャンぶりを披露する必要もありません。要は、「宗教的無節操」と受け取られないよう、クリスチャンとしてのけじめを示し、同時に、他の宗教をまじめに信じている方たちへ失礼になるような行動は差し控えるという事です。「さすがクリスチャン」と好意と敬意を受けられるような節度や言動を、その時々の状況に応じ選択することが大切です。困ったら司祭に相談すしてください。

行事・習慣・日常生活(結婚、他宗教へ)

§質問§

 今度結婚を約束した彼の家は仏教徒です。熱心ではないのですが、洗礼を前提とし た正教会の結婚式はだめ、結婚後も家の習わしに従って欲しいと言われています。ど のような心がけを持って対処してゆけばいいか教えてて下さい。

<答え>

正教の結婚観 結婚生活は信仰の分ち合い

 正教会は信徒どうしの場合にしか結婚式を行わず、異教徒(派)信徒との結婚は祝福しません。それが邪悪なものだからではなく、そこでは、真の神への信仰で結ばれた男女に恵みとして与えられる、夫婦の完全な交わりと喜びが得られないからです。
どんな結婚でも、神が定めた一夫一婦の結婚(創世記2:18-24、マトフェイ19:4-6)であるかぎり「よいもの」には違いありませんが、共に神に結ばれ、聖体機密を始め教会に溢れる神聖神の恵みに共に与る時に実現する、互いが自由でありながら一体であるという男女の交わりの至福としか言い様のない「すばらしさ」とは無縁です。もちろん、信徒どうしの結婚でも、神の恵みに、二人が応えてゆく意志がないなら実りは期待できませんが。
 従ってまず「一度でいいから神父の話を聞いてみて」と頼んでみましょう。それでもだめな時は「私が教会へ行くことだけは許してね」と念を押し、一時雌伏です。

基本姿勢 あきらめないこと

 異教徒との結婚生活での個々の問題には一般的な答えはなく、そのつど祈り、司祭の指導で解決してゆく他はありません。ただ「心がけ」としては次のように言えます。
 まず、夫といつの日か信仰を分ち合える可能性を信じること。これには多くの例証があります。そのためには、可能な限りあなた自身が教会へ参祷・領聖して恵みに浴し、ハリストスの福音を生きることがどんなに素晴らしい喜びかを証し続けなければなりません。親同士で勝手に決めた結婚でない限り、クリスチャンのあなたと結婚を決意した彼が頑迷な異教徒であるはずはありません。自然体で教会に通い続ければ、彼はやがて「どうして彼女はこんなに元気なんだ?」と心を開いてくる時がきます。

あなたは異教家庭への伝道の橋頭堡

 そして、次の聖使徒ぺ-トルの勧告を現代に生かすことです。「妻たる者よ、夫に仕えなさい。そうすれば、たとい御言葉に従わない夫であっても、あなたがたのうやうやしく清い行いを見て、その妻の無言の行いによって、救いに入れられるようになるであろう (ペ-トル前3:1、2)」く。そうです、あなたも、異教に取り囲まれた初代教会の妻たちと同じ課題を、この日本という異教社会の中で負っているのです。あなたは、一つの異教家庭に伝道の橋頭堡として派遣されたと心得て下さい。ただし伝道者ぶらずに。伸びやかなクリスチャンであれば、それがそのまま伝道です。